読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱物語

不自由気ままに、気の向くままに… 鬱々悶々とした日々に何かを…。

正直、自分の書に自信はありません。

 

昔習った習字も我流になって、たぶん基礎はできてないし、今ではただ感じたままに書いてる感じ…。

それでも一応、一字一字に魂は込めてるつもり。

 


f:id:fourdice:20170426013914j:image

 

そして、そんな自分の書に「いいね!」って言ってくれてる人がいる。

それだけで励みになります。

皆さん本当にありがとうm(_ _)m

これからも精進していきます。

偽りではないけれど…

 

できるだけ明るい文字や好きな漢字を書くようにしてる。

だって、思ったままを書にしたら凄い事になりそうだからねぇ…。


f:id:fourdice:20170424034429j:image

 

とか…。

 

でも、本当にそれでいいのかなぁ??

やっぱり本性を曝け出した方が良い書が書けそうな気もするんだけど…。

自分じゃわかんないや…。

書いて字の如く…

 

マジ鬱気味…

普通に誰かに話したら五月病とか言われちゃうんだろうなぁ…

 

書も集中できず下手な字しか書けなかったし…

 

今日こそは薬いっぱい飲んで早く眠れるように頑張ろう…。

何か今日は…

 

今日は…

っていうか「今日も…」なんだけど…

何か筆がっ…ていうか気分がのらなくて…

ダメだ…。


f:id:fourdice:20170420220923j:image

 

です。

どぅでもいい…けど…

 

気持ちが落ちてます…(_ _;)

 

隣の騒音と嫌がらせに。非常識な対応…。

何かもぅ疲れたしどうでもいいや…。

 

と思いながらも、現実そうもいかないことがわかってるからまた落ちる…(_ _;)

 

気分を変える為に書の話しでもするかなぁ…

 

実はこの前半紙が無くなって、ふと立ち寄った百均に半紙が置いてあったから買ってみたんだけど、これがもぅ超最悪!!

これたぶん無くなるまでたぶん言い続けるから…w
とにかくこの百均で買った半紙は、筆が滑らないし伸びないから無駄に墨を吸い込んでしまって無駄に滲むから一筆で書けないというね…(¯―¯٥)


紙質がここまで書に影響するとは正直思ってなかったけど、意識すらせず今まで普通に書いてた半紙がそれなりに良紙だったんだろうと今になって気付く愚…。

 

次からは紙質もキッチリ選んで(たぶんお高いんでしょうけど…)買うことにします!

 

ちなみに、ブログのタイトル「鬱物語」にしてるくせに【鬱】が上手くかけません!!www…(´Д⊂ヽ

どうすれば上手く書けますか?

眠れない孤独な夜…

 

食べたくなって書いてみた…

f:id:fourdice:20170420021616j:image

f:id:fourdice:20170420021323j:image


f:id:fourdice:20170420021545j:image

 

けど、書いたら余計に食べたくなってきちゃった…(^_^;)

 

こういうブログとかって、ちゃんと毎日続けた方がいいんだろうけど…

俺の性格上無理みたいです…(¯―¯٥)

 

 

それにしても眠れない…。

隣人の非常識な騒音と嫌がらせのせいで、睡眠薬はちゃんと飲んでるのに、これっぽっちも眠れる気すらしない…。

そして、そのことを主治医に話したら薬の量が増えたゃった…(¯―¯٥)

 

そして眠れない夜はやっぱり元カノの事を考えてしまうから辛くなるという悪循環…。

 

「元気にしてるかなぁ…」

とか…

「今の彼氏と幸せにやってるかなぁ…」

とか…

 

リスカや男性恐怖症と、出逢った頃の状態を知ってるだけに心配ではあるけど、立派に成長して巣立って行ったんだよねぇ…。

だから考えてもしょうがない!

思い出されたところで元カノは迷惑でしかないだろうし…。

 

けど…頭ではわかっていてもどうしようもないみたい…。

 

男って本当に女々しいなぁ…

ってつくづく感じるよ。

 

そして…

最終的に行き着くところは…お金。

結局、世の中すべてはお金だよなぁ…。

 

お金さえあれば今でも二人幸せに暮らせたのかなぁ?

仕事はできなくても、うちに資産さえあれば別れずに済んだのかなぁ?

 

とか、卑屈な考えてばかりが頭を過ぎる…。

 

俺も早く吹っ切って前に進まなきゃなぁ…。

 

Blog 書いてみました…

 

ツイートしようとして書いてたら文字数が足りんくなったけん、結局Blogに書くことにした。

 

知人も…友達も…彼女も…もぅ周りには誰もいなくて本当に独り。

俺のBlogやtweetなんて「誰かに何かを伝えるとか」「レスを期待する」ようなもんでもないし、ただ無駄に発信するだけのお粗末な行為でしかないんだけど…

それでも独り寂しくフォローしてる人やフォロワーさんの呟きみてたら、

 

元カノが病んでた頃と重なったり…

今の自分とダブったり…

共感できたり…

苦しかったり…

 

やっぱり病んでる(苦しみを抱えてる)と立場や環境は違えど、何かしら感じるとこところがあるもんだなぁ~と思った…。

 

あの頃、自分はどうだったかなぁ~なんて物想いにふけってたら自然と涙が零れてきて情けなくなった…。

 

 

病んでた頃の彼女は何を聞いたって「大丈夫」って答えてたんだよ…。

 

でも、こっちも馬鹿じゃないからさ、きっと「大丈夫」じゃないことくらいわかってたし、「無理しないでね」って言ったところで、既に無理してることもわかってた。

俺は無理してることもわかってたけど、当時の元カノは自分で無理してることにすら気付いてなかったんじゃないかな?

だから俺はいつもこう言ってた…

 

「普通」や「当然」なんてないし、ましてや人生に「正解」なんてものもない。

だから余計なことは何も考えず、せめて俺の前だけでは感情の赴くままに流されてて欲しい。

 

って。

ついでに

 

俺に遠慮なんてしたらお仕置きだからな!!

 

ってね♪www

 

当時の彼女は俺と会う度、過呼吸になったりいつも泣きじゃくってた。。。

あの頃が懐かしいよ…。

 

付き合ってから10年が経って別れたけど…

今ではリスカの傷を隠そうともしないほど元気に立ち直って俺から巣立って行った。

喜ばしいことだし、幸せを願ってあげなきゃいけないことはわかってるのに…

俺の方が病んでどうすんだ!

って感じだよね…(^^;)

 

惨めで情けなくて本当に死にたくなるよ…。