鬱物語

不自由気ままに、気の向くままに… 鬱々悶々とした日々に何かを…。

会いたい…会いたい…会いたい…

会いたいって言っても元カノなんかじゃないよ❗

 

約10年…

互いに依存しながらダラダラと長い間付き合ったけど、それはもぅ吹っ切れた…

と思う。

 

今この瞬間に会いたい人…

それは名前も知らない人。

Twitterで環境や現状など、少しだけ言葉を交わしただけで、見たことも、逢ったことも、声を聞いたことすらないんだけど…

Twitterの文字のやり取りだけでもわかる。

凄く優しい子なんだ。

正義感は強いけど、それを振りかざしたりはせず、逆に自分を責めてしまうよう正直な子。

なのにそれを自分自身が認めて(誉めて)あげられない不器用な子。

住んでる都道府県や環境や好みとかも違うかも知れないけれど、不思議と(俺が勝手に…)シンパシー感じちゃってねぇ…

 

一言で言えば惚れたって言うの…かな?

恋なんてもう10年もしてないし、告白したところで、たぶん振り向くどころか、相手にもされないだろうけど(ブロックはされるかも…)、毎日その人のツイートと返信を待ち望んでる恥ずかしい自分がいて…

それでも今はその人への気持ちだけで生きて行けてる感じ。。。

片想いのまま、何のアクションも起こせずに終わるのか…どうなるのか自分でもわからないけど、その子の成長と成功を心から祈ってます。。。

 

いつか名前教えてもらえたら嬉しいなぁ…♪