鬱物語

不自由気ままに、気の向くままに… 鬱々悶々とした日々に何かを…。

やっぱり無理だ…

 

やっぱり彼女のいない人生なんて無理だ…

悔やんでも悔やんでも悔やみ切れない。。。

 

俺は何故別れを選んだんだろう?…

 

言葉にすれば簡単な事…『お金』と『年齢』

病気で働けず、養っていくだけの収入が俺に無かっただけ…。

 

今更そんな事、自分で重々分かってるさ。

今あるのは只々後悔だけ。。。

 

出逢って付き合ったばかりの頃は、知り合いの店で融通をきかせてもらいながらも働けていたが、その頃からだったかな?…

 

大元の『クローン病』から派生した関連病変

「痔漏」と「腎臓結石」に悩まされ、変な病気の為に姿勢を崩して発病したと思われる「椎間板ヘルニア」と、その治療のために射ったブロック注射による後遺症で右の足先が現在でも痺れたまま。

 

そんな病弱で収入もない俺に10年も連れ添ってくれた彼女には心から感謝してる。

それに、年齢を考慮して「別れ」を切り出したのは俺の方…そんな弱音は捌けない。

 

今はまだ自分に何ができるかわからないけど、いつか万が一訪れるかもしれないその日の為、今自分に出来ることを見つけて邁進する他ない。

 

[https://twitter.com/8383yami83/status/952634709695119360:embed#